ペットという文化

ペットという文化はいつから生まれたのでしょうか。実はペットの歴史はとても古く、古代の頃から、ペットの文化はあったそうなのです。たとえば、古代エジプトでは、猫を飼っていたという記録があります。猫は神の使いとして、大切にされ、猫が死んだときは、人間同様にミイラにして葬っていたそうです。ミイラにされるのは、身分の高い人たちだけでしたから、どれだけ猫が大切にされていたかがわかりますね。

なぜ古代エジプトで猫が大切にされたのか……それはねずみの駆除に役立つからなのです。ねずみは、病原菌を持っていたり、食料を荒らしたり、昔から良いイメージはもたれていませんでした。しかも、古代では医療などが今よりも当然遅れていますし、ねずみへの対処法があまりなかったのです。そのような厄介な存在であるねずみを駆除してくれる猫という存在は、とても有難がられたわけなのです。

日本の場合は、特に犬のペットが文化として、古くから成立していました。その歴史は、縄文時代から続いているようで、犬は日本人の古くからのパートナーといえるでしょう。現代でも、ペットとして人気の高い犬は、実はものすごく昔から愛されていた動物だったというわけです。

特に現代では、犬や猫に限らないペットが登場していますよね。

    お奨めサイト情報

  • 楽しむ気持ちを持ってイベントに参加できる社会人サークルを京都で探しているなら、誰でも気兼ねない雰囲気で楽しめるような工夫がされているので安心です。

ページトップへ戻る
Copyright(C) ペットのために知っておくべきこと! All Rights Reserved.