猫のツメ

猫をペットにしている方は、一度は経験があるのではないかと思いますが、猫で危ないのはその鋭いツメで引っかかれることです。そのため、猫をペットにする上で忘れてはならないのが、ツメをとぐことです。もちろん、猫は敵意を持っていなければ、故意に人間を引っかくことはありませんが、それでも伸びっぱなしというのは非常に危険といえるでしょう。

猫のツメは自然に伸びていき、そのうちに古いツメがなくなり、新しいツメに生え変わっていきます。猫は、自分のツメが古くなると、本能的にツメをどこかに引っかけて、剥がしてしまうのです。つまり、猫がツメをといでいるときは、ツメを磨いているのではなく、ツメを剥がそうとしているのですね。

そのため、ペットとして猫を飼うときは、ツメとぎをすることができるところを作ってあげなければいけません。基本的に、猫は平たくて、表面がざらざらしているところを、ツメとき場所として好みます。しかし、その猫によって、好む場所は異なりますから、気に入るところを見つけるまで、いろいろと試してみるのがいいでしょう。

猫のツメとぎは、ストレス解消でもあり、マーキングとしての意味も持っています。そのため、ツメとぎをすることができる環境は必ず作っておいたほうがいいのです。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) ペットのために知っておくべきこと! All Rights Reserved.